Konuyu Oyla:
  • Toplam: 0 Oy - Ortalama: 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
kurbağa teorisi
#1
Bir kurbağayı kaynar suyun içine atarsanız kendini hemen dışarı atar. Ancak, aynı kurbağayı ılık suyun içine koyarsanız ve korkutmazsanız önce kımıldamadan duracaktır. Suyu alttan yavaş yavaş ısıtırsanız sıcaklık yükselirken kurbağa hiçbirşey yapmaz tersine keyif de alır. Yükselen sıcaklıkta gittikçe daha da çok sersemleyecektir, ta ki toptan dışarı çıkacak hali kalmayıncaya kadar. Kaçmak için hiçbir engel kalmadığı halde dışarı kaçmaz, haşlanıp pişer. Çünkü kurbağanın sinir sistemi ani değişikliklere programlanmıştır, yavaş, tedrici değişmelere değil.

Aslında değişime hızla olumlu yanıt verememenin nedeni, "bu gün hem örgütlerin, hem de toplumların hayatta kalmasına yönelen birincil tehditlerden ve ani olaylardan olaylardan değil, yavaş ve tedrici (kademeli) süreçlerden" oluşmasıdır. Tedrici değişimleri görmeyi öğrenemeyenler, kurbağanın kaderinden kaçınamazlar.
Ara
Cevapla
Teşekkür verenler:
#2
Doğru bir teori...
Acıyan yerinden sevmeye başlamalı bir insanı...
Cevapla
Teşekkür verenler:
#3
日本の国としてのかたち(民族意識、国家意識)は、皇統の持続を核とする一本の大河の如き歴史を4世紀以前から持っている。

日本は君主国家として世界最古の歴史を受け継いでいると言える。
ただもちろん、そこには分岐した流れをもつ琉球人や、アイヌ系や帰化人、各種のマージナルな部落民の様々な歴史も流入し、受け継がれ、政治体制も何度も変化していることは、重視すべきである。古くから日本は中国 王朝やもっと西側の文化を、朝鮮を経由したり琉球を経由したりしなかったりで吸収している。そしてそれを日本テイストにして消化し、独自の文化を作りだしてきた。
その「独自のものに進化させる」プロセスは今も日本の大企業、中小企業、伝統工業に受け継がれている。日本ヤバい。

現在の日本においては、技術的・経済的な国際優位に恵まれて国民は平和で治安の良い豊かな生活を享受している。
しかし近年は格差の拡大、長引く不況、少子高齢化と社保費問題等かなりアレな課題を多数抱えており、アカデミック系の人達の言い分においては「課題先進国」である。

また、ネットユーザーの間では毎日のように終わったり始まったりしている国である。

よく沈没したり、真っ二つになったり、怪獣に襲われたり、宇宙人に侵略されたりもするが、意外に大丈夫な国。
特に、宇宙人や悪の組織が地球征服を目指す際、世界は広いというのに態々日本を第一目標に選び、作戦行動を開始する事が多い。酷い場合は日本に作戦本部を置いたりもするから、日本の地下がどうなっているのかは現在でも不明である。たまに「アメリカやロシアへの牽制」とか「実は日本に重大な秘密がある!」とかそれっぽい理由を付けて攻めて来る連中もいる。だが、不思議にもそれらの目論見は、あらかじめ秘密裏に結成されている少人数の対抗組織の活躍によりいつも大失敗に終わるのである。 これに関しては日本の自演との批判が各国から相次いでいる。
Cevapla
Teşekkür verenler:


Hızlı Menü:


Şu anda bu konuyu okuyanlar: 1 Ziyaretçi


10tl.net Destek Forumu -